ブラマヨ吉田のクレーターでもレーザー治療で治る時代が到来

どうも、10年以上クレーターと格闘中のトミーです。

芸能人の肌って注目しちゃうよね!

テレビで活躍している芸能人の中には、僕のようにクレーターが鎮座している人もいます。

中でも、芸能界最強はやはりブラックマヨネーズの吉田師匠でしょう。

他人とは思えない親近感が湧きます!

 

「ブラマヨ吉田くらい酷いクレーターは一生治らない」と耳が痛いほど聞いてきた人もいるかと思います。

僕も自分の凸凹肌と一生付き合わないといけないと思っていましたが、コツコツ治療を続けていたら「クレーターって治るんじゃない!」と希望を持てるようになりました。

なので、重度のクレーター肌でも諦めないでください。

重度のクレーターを10年かけて治療した結果

20代前半の頃の僕は、ニキビ跡の赤みもさることながらクレーターが目立っていたので、すれ違う人から完全に汚肌認定されていました。

頬全体がボコボコしていたので、友人や家族でさえも「皮膚科に行ったら?」と心配するレベルです。

 

心ない人からは「ブラマヨ吉田みたいだな」「M-1優勝おめでとう」とか散々な言葉を浴びながら生きてきました。

あの頃のことは今でもあまり思い出したくないほど悲惨な時代だったね…

 

おそらく僕に関わっていた人は「コイツの肌は一生汚いままだ」と思っていたでしょう。

ここまで酷いクレーター肌はなかなかお目にかかれないですからね。

 

しかし、僕は諦めずにクレーター治療に向き合って逃げずに戦った結果、重度のニキビ跡を改善させることができました!

完全なツルツル肌とはいかないまでも、恥ずかしくて外出するのが億劫だったネガティブな感情はほとんどなくなりました。

 

これほどの変化は、当然ながら周りを驚かせました。

「肌綺麗になったね」というフレーズは、僕の中では流行語大賞をあげてもいいくらい何度も言われ続けています。

 

つまり、クレーターは治る時代ってことだよ!

 

恋愛にも前向きになれましたし、初対面の人の目を見て話すこともできています。

これまでできなかった普通のことが、30歳を過ぎて当たり前になったことが何より嬉しいです。

 

だからクレーター肌でも諦めないでほしい!

 

クレーター肌って辛いですよね。

何をやっても改善しなくて、写真を撮られるのも怖いし、もう何をしても人生楽しくないです。

僕も昔には戻りたくないので、10年間頑張ってよかったと思っています。

 

だから、今クレーターで死にたいほど辛い人には、本気でクレーターを治療して少しでも前向きになってほしいです。

時間はかかりますが、諦めずに治療を継続すれば、綺麗になる自分の肌に自信が持てる日がやってきます。

頑張りましょう!

クレーター肌にはレーザー治療がオススメ

クレーターを治したいなら、レーザー治療一択です。

化粧品やダーマローラーでは治りません。

重度のクレーターなら尚更です。

 

僕のクレーター改善の記録を見て、希望に満ち溢れているところに水を差すようですが、僕がここまで辿り着くのに10年近くかかっています。

スキンケアで簡単に治ると思ったら大間違い!

クレーター治療を甘く見ないでくださいね。

 

「時間がかかってもいいから少しずつ凸凹肌を綺麗にしたい」と現実的な考えを持たないと、おそらくすぐに挫折してしまうでしょう。

期待しすぎると辛くなるので、すぐにクレーターが治るとは思わないでくださいね。

レーザー治療をコツコツ継続することが、現時点の最適解と言えます。

 

では、僕がクレーター肌を改善させた方法を解説していきます。

結論から言うと、スキンケアフラクショナルレーザーで僕はデコボコ肌と戦ってきました。

時系列から言うと、最初の2年はスキンケアだけでクレーター肌を綺麗にしようと頑張り、貯金に余裕ができてからレーザー治療を定期的に行った感じですね。

スキンケアでデコボコ肌を滑らかにできた

スキンケアで肌を整えることは大事だよ!

ブラマヨ期の頃はろくにスキンケアをしてなかったので、肌が乾燥していたし触った感じも象の皮膚みたいに固かったです。

毛穴も目立って、肌全体がボロボロでしたね…

 

このような状態だと、まずは厚く固くなった肌を柔らかくすることが重要です。

正しい保湿ケアで肌に潤いと透明感を与えることがクレーター改善の第一歩!

肌の質感が変わるだけでも、見た目に大きな変化を実感できるんですよ。

「スキンケアでクレーターは治らないから無駄」という意見もありますが、肌がボロボロの状態でレーザー治療を始めても効果は半減します。

レーザー治療も肌の回復力が大事になるので、スキンケアで肌のキメを整えなければいけません。

 

気持ちの部分でもスキンケアを頑張ることは大事だよ!

 

また、ニキビ跡の赤みはスキンケアで改善するので、少しでもニキビ跡が目立たなくなるなら頑張る価値があると僕は思います。

やっぱり見た目に変化があると嬉しいですよ。

初対面の人からしたら「肌が汚い」と思うレベルかもしれませんが、少しでも綺麗になるだけで人と話すのが前よりも楽になります。

諦めずにコツコツケアして本当によかったと、胸が熱くなる思いでいっぱいです。

アンコアレーザーで凹みを浅くする

本気でクレーターを治したいならアンコアレーザーを検討してほしい!

スキンケアである程度デコボコを改善できたわけですが、さらに綺麗にしたいなら美容外科クリニックでの治療を検討しましょう。

ニキビ跡治療のコースは様々ありますが、重度のクレーターであればあるほどアンコアレーザーが効果的です。

 

僕もアンコアレーザーを6回以上施術したのですが、凹みがかなり改善した実感があります。

スキンケアでは肌を滑らかにすることで凹みを目立たなくさせるアプローチでしたが、レーザー治療はダイレクトに凹みを浅く改善させるので見た目の効果はより大きいです。

 

レーザー治療は手軽にできるわけじゃないんだよね…

 

ただ、美容外科での治療は金銭的負担が大きく、僕の場合はアンコアレーザー3回セットで20万円近く費用がかかりました。

無理な金額ではありませんが、決して安くはありませんよね。

 

また、レーザー治療はダウンタイムと言って肌が赤くなる期間が長くなる特徴があります。

特にアンコアレーザーは日常生活に影響が出るレベルなので、人によっては治療が困難な場合も珍しくはありません。

 

さらに、レーザー治療は効果がある反面、ダウンタイム中に日焼けをすると色素沈着が起こるなどのリスクもあるので、何も対策せずにいると赤みが残りやすくなる可能性が高くなります。

実際、アンコアのメリット・デメリットを体験した僕の感想としては、相当な覚悟がある人にしかオススメできません。

気軽にクレーターを治せる施術ではないので、しっかり勉強してから検討してくださいね。

【まとめ】重度のクレーター肌でも治る時代

  • ブラマヨ吉田並のクレーターでも治る
  • スキンケア+レーザー治療のアプローチが効果抜群
  • 即効性はないから長い目で向き合うことが大事

僕の経験からもクレーターは治ることがわかります。

それでも完治させるのは難しいので、少しずつ綺麗にするしかありません。

 

アンコアレーザーを軸に日々のスキンケアで肌を整えることがクレーター治療の基本です。

特にニキビができるコンディションなら、焦らず自分に合ったスキンケアを確立させましょう。

 

どんな治療でもスキンケアから始めよう!

 

僕はいきなりレーザー治療でクレーターを治したわけではなく、スキンケアで肌全体を整えることから始めました。

「なんで最初っからレーザー治療をやらなかったの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

確かに地味なスキンケアでコツコツやるよりレーザーで一気に治療した方が早く治るような気がしますからね。

 

しかし、スキンケアで肌の土台を作っておかないとクレーターの改善が思うように進みません。

肌が乾燥して古い角質が残っている固い肌よりも、キメが整ったプルプル肌の方が効果的にレーザーの力を発揮させることができます。

 

また、スキンケアを通して肌の知識を深めることで、レーザー治療の仕組みやダウンタイムとの付き合い方を学ぶことができます。

やはり順番としては「スキンケア⇒レーザー」が安全な治療スケジュールと言えるでしょう。

 

「急がば回れ」という言葉があるように、急いでレーザー治療をするのではなく、まずはスキンケアを見直して肌全体を改善させるところから始めるべきです。

綺麗な肌を作るには日々の努力が蓄積されるもの。

短期間でクレーターが治る魔法はないので、少し時間をかけてじっくり自分の肌と向き合いましょう。

 

ニキビ跡に悩んでいるならビーグレンを試してほしい!

 

クレーター肌の僕がオススメする化粧品はビーグレンで、特に美容液のCセラムは一度試す価値があります。

数あるニキビケア商品を試した僕が、リピートするくらいの商品なので、同じニキビ跡で悩んだいる人にこそ使ってほしいです。

スキンケアで少しでも肌が綺麗になると、気持ちが前向きになりますよ。

ビーグレン公式ページ

ビーグレンニキビ跡ケアの効果と口コミを汚肌野郎が検証する

 

▼僕のクレーター治療の知識が詰まっています。

【経験談】凸凹クレーター肌を10年以上かけて治した僕の治療方法を公開する