中学生のおでこニキビの原因と治し方を徹底的にまとめてみた

どうも、学生時代にニキビに悩まされたトミーです。

朝晩ちゃんと洗顔しているのに、なんで自分だけニキビが酷いんだろう…

僕も中学生の頃は毎日ニキビに悩んでいました。

経験者なので、ニキビに悩んでいる中学生の苦しみは痛いほどわかります。

僕の中学生時代はニキビとの肉弾戦の連続で、特にオデコのニキビは一つそこらのレベルではなく、額全てをニキビに占拠されており正常な皮膚を探す方が一苦労でした。

 

しかし、僕は窮地に立たされたその状況からスキンケアを見直して見事に逆転勝利を掴むことに成功し、今ではツルツルのおでこを維持しています。

中学生のニキビは頬よりもオデコにできるケースが多いのが特徴なので、本記事では中学生のおでこニキビの原因と治し方を紹介していきます。

中学生のおでこニキビの原因

おでこニキビの原因
  • 皮脂の過剰分泌
  • 汗拭きペーパーの使いすぎ
  • 物理的な接触

皮脂の過剰分泌

中学生に限らず思春期ニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れからくる皮脂の過剰分泌が考えられます。

思春期のホルモンバランスの乱れは成長期からくる自然な生理現象なので、誰にでも訪れることです。

時期的にニキビができやすいことを理解して、悪化させないことを意識することが大事ですよ。

 

男性ホルモンは体質的な影響も大きいため、全然皮脂が気にならない人もいれば脂取り紙を何回使っても皮脂が落ちない人もいます。

特に男の子は男性ホルモンの影響をモロに受けるため、女の子よりも皮脂がドバドバ出やすい傾向にあります。

 

必ずではありませんが、ニキビに悩む中学生のほとんどは体質的に皮脂分泌量が多い傾向があります。

中学生の皮脂量は人生でもMAXレベルの時期なので、皮脂詰まりによるニキビができやすいと言えるのです。

 

小さなニキビがプツプツと広がるのはおでこニキビの特徴と言えます。

これは肌全体で皮脂詰まりが起こっている証拠です。

汗拭きシートの使いすぎ

中学生にニキビができやすいのは、皮脂過剰分泌によるものだけではありません。

中学生と言えば部活動が盛んな時期で、毎日授業終わりに運動する習慣がありますよね。

 

部活後に汗の処理をするためにデオドラントペーパーで顔を拭いていませんか?

確かにスッキリして気持ちがいいですが、デオドラントペーパーにはアルコール成分が含まれているため蒸発する時に肌の水分量まで奪う原因になります。

つまり、水分量が減って皮脂量が増えることで、肌のバランスが崩れニキビができやすくなるのです。

 

体を拭く分には悪影響がほとんどありませんが、顔にデオドラントペーパーはタブーだと考えた方がいいでしょう。。

体育の授業後や皮脂が気になる時など1日に何度もデオドラントペーパーを使用すると、アルコールの刺激で肌が敏感になり外部の刺激の影響を受けやすくニキビができやすくなります。

 

皮脂が気になる時はタオルハンカチや脂取り紙を使用し、部活後の汗はタオルで優しく拭き取るだけでOKです。

なお、汗の成分のほとんどは水なので、神経質になるほど気にする必要はないですよ。

物理的な接触

オデコは外的刺激を受けやすい部分です。

特に前髪がおでこに触れると肌に刺激を与えニキビができやすくなったり、今あるニキビが治らずに悪化する可能性も高いです。

無意識におでこを掻く癖がある人もいるので、知らず知らずにオデコを爪でひっかいてしまい汚れや菌が顔に付着してニキビになることも考えられます。

 

また、気になって指でツンツン触るのは、やっぱりニキビを悪化させる原因になります。

中学生の多感な時期にニキビができると周りの目とか気になり、ニキビを触っちゃダメなのはわかっていても触っちゃうんですよね。

その気持ち僕も理解できます。ダメと言われると余計に気になっちゃうしね。

 

これは考えようですが、あまりにも気になって我慢できないくらいストレスが溜まるようなら1日1回くらいは触ってもいいと僕は考えます。

でもルールは守りましょう。

まず触る前には必ず手を洗って、なるべく菌や汚れを肌に付着させないこと。

そして指でつまんだり擦ったり刺激を与えないことが大事です。

 

ニキビを潰した方が治りが早くなることもありますが、素人判断で潰すのは僕は推奨しません。

オデコは新陳代謝が活発なのでニキビ跡が残りにくい事実は確かなことですが、肌に刺激を与えてダメージを蓄積させるとオデコ全体のニキビの治りが遅くなるからです。

根本的な原因を解決しないと何度もニキビを繰り返す羽目になるので、ニキビを潰すのではなく原因を見直し予防することが大切なのです。

おでこニキビができやすい体質

ニキビができやすい肌質は、親からの影響をモロに受けます。

同じカロリーを摂取しても太りやすい人と太りにくい人がいるように、体質は個人差なので親を責めてはいけません。

 

完璧な人間なんてごく僅か。

人は誰しもコンプレックスがあるのだから、自分の体質は数多くあるコンプレックスの中の一つだと特別扱いしないようにしましょう。

ニキビができやすい体質は以下の3つが考えられます。

ニキビができやすい体質
  • 男性ホルモンの過剰分泌(皮脂過剰分泌)
  • 角化肥厚が起こりやすい
  • 新陳代謝能力が低い

男性ホルモンの過剰分泌

中学生・高校生の頃に悩まされる思春期ニキビの主な原因は、成長期に分泌が始まる男性ホルモンです。

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促進する働きがあります。早い人だと小学校高学年の頃から男性ホルモンの分泌が活発になり、それに伴ってニキビの悩みも出始めるのです。

しかし、全ての男性が過剰な皮脂分泌に悩まされるわけではなく、爽やかな顔して青春を謳歌する羨ましすぎる人もいます。他の部分にコンプレックスあれと願うばかりです(完全なる嫉妬)

 

つまり、男性ホルモンの影響には個人差があるということ。これこそが遺伝する体質なのです。

成長期に男性ホルモンが過剰に分泌してホルモンバランスを崩す人は、思春期ニキビができやすい体質であると言えます。

 

ただ、ぶっちゃけると成長期のホルモンの分泌は自分の思い通りにコントロールすることはできません。

たとえ薬で抑えることができたとしても、体が大人になるための成長を妨げることになりますので、それはそれで危険なことですよね。

男性ホルモンの分泌が活発な人は、中学生~高校生の間だけ我慢すれば体質は落ち着くのが一般的です。

一生続く体質ではないので、あまり思いつめない方がいいですよ。気にしすぎるとストレスで余計ニキビが悪化しますからね。

角質肥厚が起こりやすい

角化肥厚とは、毛穴の周りにある壁(角質細胞)が何らかの原因で厚くなり毛穴を塞いでしまう現象のことです。

毛穴の壁は元々薄く、外部の刺激を受けると反応して厚くなることがあります。塞がれた毛穴に皮脂が溜まり、アクネ菌が繁殖して炎症が起こりニキビが姿を現すのです。

 

  • 化粧品の刺激
  • 外気の汚れ
  • 手で触るなど物理的な刺激
  • アクネ菌が繁殖する時に放出する刺激物

 

など、このほかにも様々な刺激によって角質肥厚は起こりますので、全ての原因を取り除くことは難しいです。

この角質肥厚も起こりやすい人とそうでない人で、遺伝的な個人差があると言われています。

他の人にとっては何でもない刺激でも、角質肥厚起こしやすい遺伝子を持っている人にとっては、刺激に敏感に反応して毛穴を塞ぎやすくなります。

また、角質肥厚は体質的な問題もありますが、ストレスや生活習慣の乱れなど条件が重なることで引き起こされる可能性もあります。

新陳代謝能力が低い

肌は28日周期で生まれ変わるターンオーバーを繰り返して健全な肌を維持しています。

しかし、体質的に新陳代謝機能が低い人は、ターンオーバーが遅れるといった問題が発生します。

ターンオーバーが乱れることで、本来役目を終えた古い角質が剥がれ落ちずに留まり続けるといったニキビへの悪影響が懸念されるのです。

ターンオーバーがスムーズに行えないことで、老いぼれた角質層の肌達が外部の刺激から僕らを守ることになります。ぶっちゃけ不安ですよね。

これは日本の政治にも似ていること。70代を過ぎている政治家がいつまでも居座り続けるのは好ましくはありませんよね。肌も政治も若くて新しい風が必要なのです!

冗談はさておき、ターンオーバーの周期が崩れると

 

  • 古い角質が毛穴を塞ぐ
  • 水分保持力やバリア機能が低下して、外部の刺激に敏感になったり乾燥を引き起こす
  • 肌が固くなり化粧品の成分が浸透しにくい

 

など様々な弊害を生み出す根源になります。

MEMO

ただし、新陳代謝能力は、他の体質に比べて改善しやすい特徴があります。

血行を促進させるために運動を習慣化したりバランスの取れた食事など、毎日の生活を健康に過ごすことで新陳代謝は改善できるので、生活習慣や食生活を見直すことが大切です。

ニキビができやすい体質との上手な付き合い方

体質による影響は完全に防ぐことは難しいですが、だからと言ってニキビの魔の手にひれ伏せるだけしか選択肢がないわけではありません。

「自分はこういう理由でニキビができやすい。」と体質を理解し、スキンケアによりその影響を抑えることで効果的にニキビを予防することは可能です。

ただ、それぞれの体質に合った特別なケアをするというより、スキンケアの基本「洗顔と保湿」を極まるだけで十分です。

 

何もしないで全ての責任を体質に押し付けるか、少しでもニキビができないように体質と向き合うか、あなたはどちらを選択しますか?

親からの体質遺伝については、こんな声があります。

父がニキビ跡が多かったので、自分もニキビができやすい体質だと予想していました。スキンケアに力を入れたことで跡が残ることはなく、今もニキビには悩まされていません。

自分にニキビができた時は、父親に「思春期ニキビは俺もできたから気にするな。」と言われました。

でも、ニキビは気になるから1日何度も洗顔したり市販のニキビ薬を使ったりと、今思うと過度なケアを何年も続けていました。

その結果、大人になった今でもニキビ跡が残る結果に。

あの時きちんとケアをしたり皮膚科に行っていれば、今頃綺麗な肌で過ごせていたかもと考えると後悔しかありません。

他にもたくさんの意見があり、これらの意見を集約したら2つの共通点を発見できました。

 

  • 正しいスキンケアをした人はニキビ跡が残らず、大人になっても綺麗な肌で生活できている。
  • ニキビができやすい体質は、父親の遺伝が影響するケースが多い傾向にある。

 

ニキビができやすい体質は同じでも、正しいスキンケアで頑張った人はニキビ跡が残らず、ニキビを放っておいたり過度なケアをした人はニキビ跡が残るといった傾向にあります。

つまり、スキンケア次第でニキビの悩みから解放される人と大人になっても悩む人の180度違った結果になることがわかります。

 

ニキビの炎症が続くと潰さなくてもニキビ跡が残るリスクは高まるので、「思春期はしょうがないから諦める」というような考え方はニキビケアとしては間違っています。

スキンケアに関しては、大人でも間違った認識を持っている人が少なくありませんので、親の言葉を鵜呑みにしない方が賢明です。

 

ニキビ跡が残るということは、努力をしなかったか、間違った方向に努力をしたかのどっちかです。つまり、自分次第でニキビの悪化を食い止めることができると言えます。

諦めずにコツコツと努力できた者だけが、遺伝に打ち勝つことができるのです。頑張っていきましょう。

中学生のおでこニキビは予防が大切

中学生のおでこニキビケアの基本は、皮脂量を適切に保ちニキビを予防することです。

つまり、ニキビを治すではなく、ニキビを作らないという予防の観点から考えていきましょう。

このため、毛穴詰まりを予防するために洗顔と日中のケアが何より大事になります。

特別なケアなど必要ないので、まずは基本をマスターすることから始めてください。

洗顔

ニキビ予防の基本は洗顔です。

思春期は皮脂の分泌が盛んになるので、まずは朝と夜の洗顔で皮脂汚れを落としていきましょう。

ただし、力いっぱいゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷つけてしまうので、正しい洗顔テクニックを習得してください。

 

擦るような洗い方により皮脂を落としすぎると肌の水分量のバランスが崩れ、もっと皮脂を分泌しようと脳が皮脂腺に指令を出すことがあります。

「オラオラもっと皮脂出さんかい!」と命令されたことで、毛穴から皮脂が過剰に分泌し、毛穴詰まりを引き起こすことによりニキビができるリスクが拡大します。

 

さらに、肌を傷つけると肌内部の水分が蒸発しやすくなり肌のバリア機能が低下し、髪の毛や手で触るなど物理的な刺激に敏感になりニキビができやすくなります。

いずれにせよ、間違った洗顔方法によりニキビを悪化させている中学生が多いので、自分はできているつもりでも今一度見直した方がいいでしょう。

【小学生の洗顔】子供のニキビ肌スキンケアを経験者が解説する

日中のケア

中学生は男性ホルモンの影響で皮脂が過剰に出やすい時期のため、洗顔だけでは皮脂量をコントロールできない人もいます。

これは体質的な問題で皮脂分泌を防ぐことは難しいので、日中テカテカが目立つ人は皮脂を拭き取る努力も大切です。

 

お昼休みや部活前など時間を見つけてケアするといいでしょう。

僕も昔は自分だけのスペースを探して、音楽室の廊下の隅っこでこまめにケアしてました。

 

ただし、気にするあまり1日何度も皮脂を拭き取る行為は危険です。

トイレ休憩があるたびにあぶらとり紙を使うのはやめましょう。

 

自分では皮脂がヤバいと思っていても周りと比べると普通の量だったりしますからね。

皮脂のことばかり考えないで、他の楽しいことに集中したり気分を紛らわすこともニキビケアには重要ですよ。

中学生のおでこニキビにはNonA石鹸がオススメ

おでこニキビを減らすためには、新たなニキビを作らないことが大切です。

思春期ニキビ予防においては洗顔が基本になりますので、正しい洗顔方法を習得しつつ自分の肌と相性のいい洗顔料を見つけましょう。

 

思春期ニキビに悩まされた僕が、当時に戻るならば間違いなくNonA石鹸で洗顔します。

 

NonAはプロアクティブを代表とするサリチル酸系のスキンケアとは真逆で、肌の負担となる成分がほとんど含まれていないので敏感肌でも安心して使用することができます。

そして、なんと言っても抜群の泡立ちにより優しく洗顔しやすいのも大きな利点です。

洗っているというより、モコモコ泡でマッサージしている感覚に近いですね。

 

また、固形石鹸本来の洗浄力は十分にあるので、皮脂汚れを綺麗に落とす力は文句なしです。

お子さんがおでこニキビに悩んでいるなら、まずはNonA石鹸から試してみることをオススメします。

Non A公式ぺージ

ノンエー(Non A)石鹸をニキビ肌の僕が実際に3ヵ月使ってみた感想

プロアクティブは博打要素が強い

おでこは頬よりも丈夫なので、サリチル酸系の洗顔料やスクラブ入りの洗顔料でも肌が荒れにくい箇所です。

このため、プロアクティブも過剰皮脂が原因のおでこニキビには効果的と言えます。

僕自身も思春期にプロアクティブを使用したことがありますが、額のニキビとの相性の良さを実感できたので、ニキビ予防には一定の効果があると考えていいでしょう。

 

ただ、プロアクティブは合う合わないがハッキリ分かれる商品です。

口コミサイトを見るとわかりますが、ニキビが治る人と悪化する人で真逆な結果になることもあるくらいですからね。

 

このため、思春期ニキビだからといってプロアクティブを使えば必ず治る保証はどこにもありません。

肌が敏感な人ほどプロアクティブとの相性が悪い傾向にあるので、自分の肌の状態を見極めながら使用するか判断しましょう。

 

注意

プロアクティブは使用方法を間違えると、ニキビを悪化させるだけでなく肌全体を赤く炎症させることもあります。

刺激が強いスキンケア商品を使っているのだという自覚を持って、使用回数を守り洗う時も肌を優しく丁寧に扱うことが絶対条件になります。

【まとめ】正しい知識でおでこニキビを予防しよう

  • 中学生のおでこニキビは、過剰な皮脂分泌による毛穴詰まりが主な原因である
  • 体質的な要素もあるので、ニキビと上手に付き合うことも大切
  • 思春期ニキビに悩んだ僕がオススメする洗顔料はNonA石鹸

ニキビは青春のシンボルなんて言われていますが、ニキビを放置するとニキビ跡に悩む可能性が高くなるので、今の状態をこれ以上悪化させないことが何より重要です。

僕のように大人になってもニキビ跡に悩まないよう、10代のうちから正しいスキンケアを覚え、上手にニキビと付き合っていきましょう。

 

ニキビ予防の基本は洗顔なので、まずは洗顔ネットでしっかり泡立ててから優しく撫でる感覚を身につけ、間違ったやり方で悪化させないよう努力してください。

洗顔料選びも重要なので、「何を使ったらいいかわからない」という方はニキビ肌の僕が一番相性の良さを感じたNonA石鹸を試してみることをオススメします。

Non A公式ぺージ

ノンエー(Non A)石鹸をニキビ肌の僕が実際に3ヵ月使ってみた感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です