トミーとブログの自己紹介

はじめましてトミーです。

ブログやSNSを通じて僕のことを知ったかと思いますので、ここで僕とブログの自己紹介をさせて頂きます!

トミーのニキビ戦歴
  • 小学生5年の頃、おでこにニキビができ始める
  • 中学生時代は、おでこ全体がニキビまみれになる
  • 高校生時代は、頬がニキビまみれになる
  • 大学時代は、頬のニキビ跡に苦しむ
  • 社会人になりレーザー治療を始める
  • 30歳になりクレーターが改善して自信がつく

ニキビまみれの人生

僕の人生を一言で表すと「ニキビ」そのものだよ!

僕は小学校5年生からニキビに悩まされ、30歳を過ぎた今でも気を抜くとニキビができる体質です。

10代からずっとニキビに悩んでいて、人目を気にしながら生きてきました。

 

一番酷かったのは思春期で、高校生の頃には顔が真っ赤になるほど酷かったです。

当時は、毎日ちゃんと顔を洗っているのに一向にニキビは治らずに絶望の日々を過ごしていました。

 

いや〜、あの頃には戻りたくないですね…

 

大学生になるとニキビは落ち着いてきたのですが、今度はニキビ跡が全然治らず肌は汚いまま。

可愛い彼女を作ってキャンパスライフを楽しむどころか、コンプレックスから人に見られることが怖くて仕方ありませんでした。

アルバイトで稼いだお金で、口コミ評価の高い化粧品を片っ端から試すだけの青春でしたね。

 

ニキビ跡を治した気持ちだけで生きていたって感じだね!

 

社会人になっても相変わらずニキビ跡が治らなく、さらにストレスからフェイスラインを中心に大人ニキビが再発するという絶望感を味わってきました。

この頃に「レーザー治療でクレーターが治る」という話を耳にして、一生治らないと絶望していた僕にも僅かな光が差しました。

 

最後の望みをかけてレーザー治療に乗り出したのです!

 

半信半疑ながら2年かけてフラクセル2を15回施術したところ、10回目を過ぎた頃からクレーターが浅くなったと実感しました。

その後、さらに効果的なアンコアレーザー(ブリッジセラピー)を施術したことで、凸凹が目立たなくなり自分に自信が持てるようになりました。

今でもクレーター治療を継続していて、楽しくニキビ肌と向き合うことができています。

「ニキビの国」を運営するキッカケ

僕の経験をニキビ肌の人に届けたいのです!

僕がニキビに悩んでいた頃は、今ほどインターネットが充実していなくて、間違ったスキンケアや治療を選択していました。

  • 歯磨き粉をニキビに塗る
  • 大根おろしのエキスをティッシュに湿らせニキビに塗る
  • りんご酢を肌に塗ってピーリングを再現

このような裏技ケアを実践した結果、僕の肌はボロボロになり慢性的にニキビが治らない状態が続きました。

また、雑誌の広告など「クレーターが治る化粧品」など嘘の情報に踊らされ、お金だけでなく時間を無駄にしたことを今でも後悔しています。

 

現在、ニキビやクレーターに悩んでいる人が、昔の僕のように間違った情報で人生を無駄にしてほしくないのが本音です。

僕のニキビ人生の全てを伝えていきたいと考えたことが、「ニキビの国」を運営するキッカケになっています。

 

スキンケア・エステ・美容外科・自宅ダーマローラーなど、多くのニキビケアを自分の肌で試してきました。

酸いも甘いも知り尽くした僕の経験を多くの仲間に伝えていくため、リアルな情報を発信していきます!

「トミー」と「ニキビの国」をよろしくお願いします!