【小学生の洗顔】子供のニキビ肌スキンケアを経験者が解説する

こんにちは、小学校高学年からニキビに悩まされていたトミーです。

 

「小学生の子供がニキビに苦しんでいるのを見ていて、何とかしたいけど洗顔料とか使っても大丈夫か悩んでいる…」

 

こんな心優しきお母さんやお父さんのために、ニキビケアに時間を費やした僕自身の経験を踏まえて解決策を伝えていきます。

 

まず前提として、ニキビケアにおいて重要なのがニキビ跡を残さないことです。

「ニキビなんて放っておけば治る」という考えを持っている大人もいますが、残念ながらニキビができやすい人は正しいケアをしなければ悪化する可能性が高まります。

大人になってからのニキビ跡ケアは金銭的な負担だけでなく、精神的なダメージが大きいので、思春期ニキビを放置することはオススメできません。

 

このため、子供のニキビケアにおいては、親が正しい知識でサポートしてあげることが重要です。

子供任せにすると高確率で過剰なケアをして肌がボロボロになるのがオチです。

心と体が発達するデリケートな時期ではありますが、お子さんが大人になってからニキビ跡に悩まないよう今からしっかりケアしていきましょう。

【結論】ニキビ肌の小学生は洗顔が必要

小学生のスキンケアって、大人と同じ考えでいいのか悩みどころではないでしょうか。

成長の終わっている大人ならニキビ予防のために洗顔や保湿などスキンケアを徹底しますが、まだ成長途中の小学生だと余計なことしてニキビが悪化しないか判断が難しいですよね。

 

結論として僕の経験から話すと、何もしないで放っておくとニキビが増える状況であるなら小学生でも洗顔が必要です。

 

小学生のニキビは、中学生から始まる思春期ニキビと同じで、男性ホルモンの過剰分泌によることが主な原因です。

男性ホルモンが過剰に分泌することで、角質肥厚や皮脂量の増加が促進され、毛穴を詰まらせるリスクが高まります。

特に皮脂量の増加による毛穴詰まりは正しい洗顔により改善できるので、ニキビ肌の小学生は洗顔するべきだと考えています。

 

ただし、洗顔が必要だからと言っても間違った方法ではニキビを悪化させることに繋がります。

小学生のうちから力任せにゴシゴシ洗う癖がつくと、肌を傷つけて余計にニキビが悪化したり、乾燥を促進させることになり、中学生や高校生になってもニキビが一向に治らなくニキビ跡が残るリスクが高まります。

まずは、泡立てネットでモコモコ泡を使って撫でるように優しく洗う方法までをマスターさせることが大事です。

 

洗顔回数については朝晩2回の洗顔が基本ですが、人によっては朝は水だけの洗顔で夜だけ洗顔料を使う方が肌の調子が良くなることがあります。

こればかりは実際に試してみないとわからないことなので、まずは朝だけ水洗顔にして夜お風呂に入る時に洗顔料を使ってみるところから始めてみましょう。

正しい洗顔をしているのにニキビが治らない場合は、朝も洗顔料を使って様子を観察して肌に合ったやり方を探してください。

ニキビ肌の小学生にオススメの洗顔料

ニキビ肌の小学生は洗顔が必要ですが、裏を返せば洗顔選びを間違えると確実にニキビは悪化します。

お子さん任せにすると、ギャッツビーやアクネスなどドラッグストアで購入できる商品を選択しがちですが、市販の洗顔料には肌の負担になる余計な成分が含まれているものが多いのでオススメできません。

僕も中学生の頃にドラッグストアの洗顔料は網羅しましたが、どれを使ってもニキビが治ることはありませんでしたから…

 

ニキビ肌の僕がこれまで様々なタイプの洗顔料を使ってきた中では、固形石鹸がオススメです。

ただ、固形石鹸は天然由来で安全と言われていますが、最近では角質を溶かすピーリング成分など本来洗顔に不要な成分が含まれている石鹸が増えています。

一概にピーリング成分が悪いとは言いませんが、少なくても小学生の肌には刺激が強い成分になるので僕はオススメしません。

小学生のうちは、余計な成分が含まれていなく、安全に使い続けることができるシンプルな固形石鹸を選びましょう。

小学生の洗顔料にオススメなのがNon A石鹸

思春期ニキビに悩まされた僕がオススメする固形石鹸はNonA石鹸です。

僕の肌に合っていたのか、今まで使った洗顔料の中で一番ニキビ予防に効果的でした。

同じニキビ肌の経験者として、僕の子供がニキビに悩んでいたら、間違いなくNonA石鹸を試してみますね。

 

固形石鹸なので洗浄力が高く、余計な成分もほとんど含まれていないため、小学生の洗顔料として最も有力な候補に挙がります。

NonA石鹸には、ニキビ予防に有効な抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

他の洗顔料にも含まれている成分なので特別感はありませんが、成長期の敏感な肌でも安心して使うことができますよ。

泡立てるとわかりますが、弾力とキメ細やかさが他の洗顔料とは別格です。石鹸とは思えないモチモチでクリーミーな泡が簡単に作れます。

ニキビができている肌は炎症によるダメージで傷ついている状態なので、ゴシゴシ洗いになりがちな小学生にはモチモチの泡で洗うことが大切です。

NonA石鹸はクッション洗顔と呼ぶにふさわしい商品なので、ニキビで弱った肌との相性は抜群です!

 

正直言って、僕も子供の頃にNonA石鹸に出会っていれば、ニキビ跡が残らずに青春時代~20代を楽しく過ごせたかもと想像することが今でもあります。

当時は洗顔について知識不足で、ゴシゴシ洗いもしてましたし刺激の強い洗顔料を使っていました。今思うとニキビが治らなくて当然だなと痛感します…

NonA石鹸は市販の洗顔料よりも若干高い金額で販売されていますが、その分効果が期待できるので後悔する買い物にはなりません。

いつか僕にも子供ができたら体質遺伝のせいで思春期ニキビに悩むでしょう。そんな時、僕なら迷わずNonA石鹸を試してあげます。

ニキビ肌の小学生の洗顔料選びに悩んだら、まずはNonA石鹸から始めましょう。

Non A公式ぺージ

ノンエー(Non A)石鹸をニキビ肌の僕が実際に3ヵ月使ってみた感想

固形石鹸で思春期ニキビが改善した僕の経験談

中学生から高校生にかけて、僕の顔には大量のニキビが量産されました。

当時は周りの友人もニキビができていたけど、僕のは彼らの比ではないくらいの数だったので、めちゃくちゃ恥ずかしい思いをしたのは今でも鮮明に覚えています。

 

皮脂がニキビの原因だと思っていたので、ドラッグストアで売っているメンズの洗顔料を片っ端から試していたのに一向に治らないニキビ達。

スキンケアは人一倍頑張っていたつもりだったので、ニキビが次から次へとできるのが不思議でしょうがなかったし、何より外見を意識する思春期の僕は精神面をえぐられる辛い毎日を過ごしていました。

 

洗顔フォームで洗顔してもニキビが全然治らなかったので一から調べ直していたら、固形石鹸で洗顔するとニキビが減るという情報を目にすることに。

固形石鹸って体を洗うものだと思っていた当時の僕としては、石鹸で顔を洗うことにものすごく抵抗感があったのですが、「もしかしたら・・・」にかけてみようと一度試してみることにしました。

 

すると、憎きニキビが少しずつ減ってきたではないか。

 

いきなりニキビが治ることはなかったのですが、毎日どこかしらに新規のニキビができていた最悪の状況は脱出できたのは実感できました。

今現在、思春期ニキビで悩んでいる人で市販の洗顔フォームを使っている人は、一度固形石鹸を試してみるとニキビが落ち着くかもしれません。

固形石鹸は古臭いものでもなく、皮脂汚れを落とす点に関しては市販の洗顔フォームよりも優れているものが多い傾向にあります。

固定概念で決めつけている人こそ、石鹸デビューしてみませんか?

Non A公式ぺージ

注意
洗顔料はニキビを治すものではなく、あくまでニキビ予防を目的としています。もし顔全体が赤くなるほど炎症ニキビが大量にある状況であれば、まずは皮膚科へ行きニキビの炎症を抑える処置が必要になります。

固形石鹸を思春期ニキビ予防にオススメする理由

まず固形石鹸の良い点は、余分な成分が含まれていないことです。

本来、洗顔は肌の表面に付着している皮脂や埃などの汚れで毛穴が塞がれることを防ぐのを目的としています。

 

しかし、最近の洗顔フォームに言えることなのですが、差別化を図るためか美白効果など汚れを落とす以外の成分が無駄に配合されているものが多いです。

そもそも洗顔料に美白効果のある成分が含まれていたとしても、肌に浸透しないで洗い流されるのがオチなので効果を期待してはいけません。

洗顔料に汚れを落とすこと以外の効果を求めること自体が間違いなので、美肌に効果があると言われている成分が配合されているからといって良い商品だというわけではありませんからね。

 

その点、シンプルな固形石鹸は汚れを落とすことを徹底しているので、ニキビを予防する洗顔の役割をしっかり果たすことができるのです。

固形石鹸で洗顔することは引き算のスキンケアを意味しているので、ニキビの炎症で弱った肌に余計な刺激を与えないことが思春期ニキビにおすすめできる大きな理由になります。

Non A公式ぺージ

【持論】ニキビ肌の小学生でも化粧水は不要

人間の肌は生まれた頃をピークに水分量は下がりますが、小学生ですと水分量は十分に足りていますので特別な保湿は必要ないと言えます。

僕の考えでは保湿は高校生以降からでOKです。アトピーや体質的に著しく乾燥肌の場合以外は、洗顔後のケアは不要と考えてください。

下手に化粧品を使うと肌の水分バランスを崩して余計ニキビを増やす原因になります。化粧水をつければニキビが治るなんて簡単な話ではないですからね。

化粧水って肌にいい成分だけが含まれているわけではなく、中には肌にとって負担となる成分も含まれていますから…

 

また、化粧水だけのケアだと逆に肌を乾燥させることがあります。

化粧水の大半は水で構成されているので、肌につけても潤うのは一瞬のことで、実際にはほとんど蒸発してしまいます。

蒸発するだけなら問題ないのですが、周りの水分まで一緒に蒸発させてしまうため、化粧水をつける前よりも肌が乾燥してしまうことも…

 

小学生の頃から化粧水をつける習慣が身についてしまうと、肌の水分バランスが乱れやすくなり、ニキビが余計酷くなることも考えられます。

このため、スキンケアは洗顔のみで様子を見た方がいいでしょう。

むやみに化粧品を試すのは、肌をボロボロにする原因になるので慎重に対応してくださいね。

炎症ニキビの治療を自己流で行う危険性

思春期ニキビは洗顔だけで予防できないケースも多々あります。

この場合、無理に化粧水をつけたり市販のニキビ薬を使うと余計ニキビが悪化する可能性が高いです。

体質的な影響を受けやすいので、洗顔だけでなく医療薬の力を借りないと治らない人もい流ことを認識してください。

そして、お子さんが炎症ニキビで顔が真っ赤になっているなら、自己ケアだけで治そうとせずに必ず皮膚科に診てもらいましょう。

炎症ニキビになると、周りの肌まで赤くするわ触ると痛いわで見てても痛々しいです。ここまでくると、もはやニキビという優しい表現で済む話ではありません。

これを知らずに「ニキビはニキビでしょ。」とニキビケア商品だけに頼ってスキンケアだけで治療を進めると次の泥沼ループに陥る危険性があります。

 

  1. 顔中の炎症が治まらず、ニキビ治療が長引く。
  2. ニキビが治らないので、様々商品を試してはやめてを繰り返す。
  3. それでもニキビが治らず、長引く炎症により肌組織が破壊されニキビ跡が残る。
  4. ニキビが治ったとしても、今度はニキビ跡治療が始まる。

 

この負の連鎖にハマったら、赤みだけでなくクレーターの治療も開始しなくてはいけなくなる最悪の結末を迎える結果になる可能性もあります。

ニキビ痕の治療ってニキビを治す何倍も大変だし、下手したら一生治らない場合もあります。

だからこそ、炎症ニキビができている時の治療方針を間違えることは、肌の一生を左右すると言っても過言ではありません。

 

これは僕の体験談で、高校生の頃には顔面ニキビまみれになっていたのですが、当時はクレアラシルとかビフナイトを塗ってれば治ると本気で信じていました。

当然、赤ニキビは市販のニキビ薬ではビクともしなかったです。というか、むしろ悪化してブヨブヨとした膿を持った黄ニキビにまで発展しました。

この時点で皮膚科に行けばよかったのですが、「悪いのはビフナイトだよな。」と勘違いし、次はネットで【ニキビ 治す 化粧品】と調べまくって、ニキビケア商品を片っ端から試してみました。

一つ購入しては「うーんイマイチ。次!」と試しては結果が出ず、試しては結果が出ずを繰り返しているうちに、気がつけば青春時代が終焉を迎えていたのです。

 

その後も皮膚科には通わず、相変わらず化粧品を試す生活を過ごしていました。本当に学習能力がない奴だと自分ながらガッカリです。

普通は思春期を終わったらニキビって落ち着くはずなのに、成人してもなお僕はニキビに悩まされていました。

 

さらに、凸凹した固い皮膚が僕の顔に広がっていたと気づいた時にはもう手遅れ。完全にニキビ跡が残ってしまったのです。

理由は先ほども説明したとおりで、ニキビにより何度も同じ場所で炎症を繰り返したため、真皮層以下の肌細胞に取り返しのつかないダメージが及んだからです。

僕の教訓からも、炎症ニキビが広がる前に皮膚科に行くことが本当に大事だということがわかったかと思います。自宅ケアにこだわると、取り返しのつかない状態になってしまいますよ。

炎症ニキビ治療に皮膚科をお勧めする理由

抗生物質でニキビの炎症を取り除くことが、重度のニキビに悩んでいる人がやるべき最初のステップです。

僕の経験からもわかるとおり、いきなりニキビに有効な成分を肌に塗っても効果的ではないので、真っ赤になった顔全体の炎症を何とかしないと次には進めません。

だからこそ、重度のニキビに悩んでいる人には皮膚科が必要なのです。医学の力は偉大なり。

 

僕が通っていた皮膚科では、飲み薬にビブラマイシン、塗り薬にダラシンTゲルとアクアチムクリームを処方していました。

皮膚科によって異なるかもしれないので、医師との診察時に薬の種類を確認すると安心ですね。

 

抗生物質の作用は強烈で、炎症を引き起こすアクネ菌を抑えてくれるため、腫れた炎症ニキビの治療には威力を発揮してくれます。

先生から教わったとおり抗生物質を使用すれば、数週間で炎症が徐々に和らいだので、ニキビ跡が残る危険な状態を脱することができるでしょう。

 

MEMO

僕も顔中真っ赤で自分の手に負えないヤバい状態にまでニキビが悪化したけど、皮膚科の力を借りたら短期間でマシになったので効果があるのは経験済みです。

抗生物質は炎症を抑える薬なので、炎症が起きていない白ニキビなど軽度の症状には効果がありません。医師の指導のもと、重度のニキビ以外には使用しないようにしましょう。

【まとめ】小学生のスキンケア

  • ニキビに悩んでいる小学生は洗顔が必要
  • 泡立ちが良く肌の負担にならない成分が含まれていない固形石鹸がオススメ
  • ニキビ肌の僕が一番相性がよかったのがNonA石鹸
  • 小学生は保湿は不要だから洗顔を極める
  • 重度のニキビであるなら必ず皮膚科に診てもらう

以上になります。

小学生のニキビケアは洗顔が基本なので、まずは正しい洗顔方法を習得してキメ細やかな泡で丁寧に優しく洗うことを徹底しましょう。

体質的にニキビができることはある程度仕方がないことなので、ニキビ跡を残さないためにこれ以上悪化させないことを意識することが大事です。

 

これまで市販の洗顔フォームで洗顔していても、ニキビが次から次へと溢れてくるお子さんにはNon A石鹸を試してほしいです。

思春期ニキビはあれこれ化粧品を試すよりも洗顔を極めることが大事なので、まずはNon A石鹸だけでスキンケアをすることを推奨します。

ニキビに悩む若い人は、Non A石鹸を使うことで悩みが解決できるかもしれません。

肌との相性はありますが、試してみる価値は大いにあるのは間違いありません。

Non A公式ぺージ

ノンエー(Non A)石鹸をニキビ肌の僕が実際に3ヵ月使ってみた感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です